脂肪注入法のメリット

効果が半永久的に持続する

注入系の美容整形は、効果の持続期間が限られているものがほとんどです。しかし、脂肪注入法は注入した脂肪の50%から60%が生着し、生着した脂肪は半永久的にバストに留まります。そのため、何度も施術を受ける必要がなく効率的にバストアップできるのがメリットです。豊胸できるサイズは0.5カップから1カップ程度ですが、さらに大きくしたい場合は時間をおいて再注入することもできます。また、自分の体から抽出し、精製した脂肪を注入するため、アレルギーの心配がないのもメリットです。ヒアルロン酸も体内に存在する成分なので安全性は高いですが、自分の脂肪の方がより安心できるでしょう。自分の脂肪でナチュラルに豊胸できるのがメリットです。

気になる部位の部分痩せができる

脂肪注入法はお腹や太ももなど、気になる部位の脂肪を抽出して行います。そのため、豊胸と同時に部分痩せができるのもメリットです。脂肪吸引というと大きな傷が残りそうな気もしますが、3ミリほどの小さな傷が残るだけです。目立ちにくい場所から吸引してくれるので、時間とともに目立たなくなっていきます。脂肪吸引した部分は脂肪細胞自体がなくなってしまうので、急激に太らない限り元の太さに戻ることもありません。胸は大きく、お腹周りは細くというメリハリの付いたボディを作り出せます。ただし、スリムな人は吸引できる脂肪がないので施術が受けられないこともあります。ぽっちゃり体型の人に高い効果が実感できる施術といえるでしょう。